FC2ブログ

六花のこぎんと…

手縫いはしませんが こぎんは大好きです

外マチと合皮合わせのバッグ

ワンポイントだから刺し上がるの早い
2018-60
№2018-60
紺色コングレスにコットン生成一色
両面同柄
内布も黒一色で

久し振りに合皮を合わせたファスナートート
2018-61a 2018-61b
№2018-61
紺色コングレスにシルキー薄グレーL12×カラシM04
少しかっちり系に見えるバッグ


紺色のコングレスなら
合わせる布や持ち手、合皮なども
紺色にして欲しいとよく聞くんですが
自分で買いに行ける店に置いてある「紺色」
紫っぽかったりします

黒っぽい紫ならまだ我慢できますけれども

どう見たって「明るめの紫」
でも「紺色」として売ってたりします

紺色コングレスにその「紺色」を合わせてみると
異様な雰囲気で
となると黒の方がしっくりくるんですね

また、モノによって紺色の具合も全く違います
明るめの紫でも「紺色」
暗めの紫でも「紺色」
黒に見えても「紺色」
持ち手に使うアクリルベルトなんか特にそう
メーカーによっても色合いが全く違う

近くのお店に綿麻混紡の布なんて売ってませんから
実物をこの目で見て買うなんて不可能

ほとんどネット購入なので
「紺色」を買うのは怖いです

なのでなるべく黒で合わせています
「黒」を買って失敗と思った事は無かったですし

ファスナーはたまに紺色だったりしますけれど
ちゃんとした「紺色」なので
紺色コングレス+内布黒に合わせても違和感ナシ

色ってホント難しい

スポンサーサイト


  1. 2018/04/02(月) 15:38:27|
  2. こぎん作品集
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久々のブックカバー | ホーム | 外マチトートとオーダーのコインケース>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mewsuki.blog53.fc2.com/tb.php/895-246710cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)